信夫 秀人

staff006

自分が今の仕事に就いたことは、まさに因果応報だと思っています。

喪家様の心中をお察しし、何が出来るのかを常に考えて行動し、気持ちの奥底に残るお別れにするお手伝いができればと考えております。