仏式不祝儀、「喪主側の表書き」について詳しく知りたい

003

 

参列者側の不祝儀を包むことは誰にでも経験があるものですが、意外に分からないのが、喪主側の不祝儀です。喪家側が不祝儀をお渡しするタイミングや表書きルールを、下記の通りにまとめました。
※今回まとめたのは、仏式についてです。

通夜・葬儀のとき

寺院・僧侶などへのお礼に

御布施/おふせ

僧侶への謝礼の表書きは「御布施/おふせ」とします。そのほか「御礼/おんれい」「御経料/おきょうりょう」とも書きますが、まとめて「御布施/おふせ」とするのが一般的です。

御礼/おんれい

世話役などへの謝礼の表書きは「御礼/おんれい」とします。「御礼/おんれい」は、宗派を問わずに使える表書きです。

戒名料/かいみょうりょう

戒名をつけてもらったとき、僧侶への謝礼の表書きは「戒名料/かいみょうりょう」とします。浄土真宗は「法名料/ほうみょうりょう」、日蓮宗は「法号料/ほうごうりょう」とします。

志/こころざし

葬儀の際お世話になった方への謝礼について、表書きは「志/こころざし」とします。「志/こころざし」は、宗派を問わずに使える表書きです。

御車代/おくるまだい

遠方からの僧侶への車代について、表書きは「御車代/おくるまだい」とします。

振る舞いの代わりに

御膳料/おぜんりょう

寺院や僧侶がお斎を辞退したとき、お渡しするお食事代の表書きは「御膳料/おぜんりょう」とします。

建墓・仏壇披露のとき

 参列者に

内祝/うちいわい

建墓や仏壇の開眼法要時の参列者への謝礼について、表書きは「内祝い/うちいわい」とします。水引は赤白です。

寺院・僧侶に

御布施/おふせ

建墓や仏壇の開眼法要時の僧侶への謝礼について、表書きは「御布施/おふせ」とします。

 法要にて

寺院・僧侶に

御布施/おふせ

御施餓鬼など法要での僧侶への謝礼について、表書きは「御布施/おふせ」とします。